FAQ

Olvie直営サロンでご購入頂けます。 また通販ページでもご購入頂けます。

Load More


絶対に使えない訳ではありませんが、お勧めしません。
食用と化粧品用のオリーブオイルの違いをご説明します。

食用のオリーブオイルには、エキストラバージンオイル、バージンオイル、ピュアオリーブオイル等の品質ランクがあります。エキストラバージンオイルとはオリーブ果実を酸度0.8%/100mg以下で搾った一番搾りのものを言います。エキストラバージンオイルには、ピリッとする食感の微量成分が含まれていて独特の香りや風味を生んでいますし、その微量成分が脳や健康にいいという研究報告がなされています。

一方で、お肌には異物の侵入を防ぐバリアー機能が備わっています。経口(口から摂取する)では脳や身体にいいとされるエキストラバージンオリーブオイルの微量成分が、肌にとっては異物となる可能性があります。
化粧品用オリーブオイルの場合、精製度を高める(より細かいメッシュで濾過する)事によりオイル分子を小さくし、オリーブオイルの主成分である不飽和脂肪酸(オレイン酸)などの経皮吸収度(お肌への浸透度)を高めています。よって化粧品用として販売されているオリーブオイルは濾過精製を行い浸透度を高めているものがほとんどです。

また、お肌にとって一番大切なのはオイルの酸化度。どんな高級な美容オイルでも酸化が進んだオイルはお肌にとっては大敵です。食用のオリーブオイルはあくまで食用としてボトリングされており、開封して使っているうちに自然と酸化が進んでしまいます。

上記の理由によりオリーブオイルをお肌に使われる場合は化粧品として販売されているものをご使用されることをお勧め致します。

Load More


オイルの命は酸化度。海外産のオイルは輸入の過程での酸化が気になりますが、九州産(国産)だと国内で収穫から加工まで行いますので、よりフレッシュなままブレンドすることができています。

Load More


フランキンセンスは精油(エッセンシャルオイル)の一種です。成分表示のニュウコウジュ油がそれにあたります。

Load More


マカダミアナッツ ココナッツオイルともにアレルギーが起こりにくいオイルですが、ご心配な場合はご使用前にバッチテストをされてください。

Load More


光毒性を発揮しない低濃度の配合ですが、ご心配な方はナイト用のご使用をお勧め致します。

Load More


心への作用が大変優れた精油なので、1日の終わりにリラックスして頂けるように配合しました。

Load More


肌への作用が優れたオイルをブレンドしておりますがオイルには保水作用がございません。オイルの使用前に化粧水を使用したり、オイル使用後に「フタ」をする役割をするクリームや乳液の併用をお勧め致します。

Load More


Load More


Olvie美容オイルは植物由来でつくっておりますので、比較的安心して使って頂けますが、お客様のお肌はそれぞれ皆さま違いますので、合う・合わないはございます。ご心配な場合はバッチテストをおすすめ致します。

Load More


どちらの肌タイプでのご使用いただけます。

Load More


オイルでの日焼けは肌表面に残ったオイルが酸化することによりおこります。浸透性が高いオイルですので、日焼け止めなど対策をしていただければ問題ございません。

Load More


Load More


現在(H30年8月現在)準備中でございます。

Load More


大変申し訳ございません。現在の所、ご準備しておりません。 
ご存知の方も多いと思いますが、現在、配送業者様の重労働・人手不足が社会問題化しております。弊社としては規定の運賃を配送業者様にお支払いをしており、その費用の一部については当社負担、お客様にはその一部のご負担をお願いしております。

Olvie美容オイルは、九州産オリーブ フランキンセンスをはじめ高価な原材料を使用しています。一般的な化粧品と比べ通常常識とされている原価よりかなり高い原価率にて製造しております。何卒ご了承賜りたくお願い申し上げます。

Load More